中四国のバーチャシーン・お茶の間を賑わせた、あの電波系ブログが再び!
<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
デスコンボ
前回の話を遮る形になってしまうが、書きたい事を書かせてもらおう。

やはり毎週コンパをしていると色々な人種と遭遇するわけです。
しかしながら昨日のコンパは相当凄かった。

レベルに関してはおおよそ某サラ使いから聞いていた。
19~30歳の変則デスマッチ。

「今日ブスコン」

「爆弾は俺が引き受けるからキャワユイ子狙ってや」

俺は彼が頼もしく思えた。
君に爆弾を託そう・・・・
夢狩人のあなたなら出来る。フォーリンエンジェルスローであの子のハートはドッキドキ!


さて俺たちは遅れて居酒屋に突入した。
女性陣はスタンバイしている。


「なるほど・・・・これは顔アイテムを装着させる必要性があるな」



だが、どうやら争奪戦は発生しそうもない。


いったんここで席変えタイム、ポジションチェンジ。
「うぁ・・・」

虎穴に入りずんば虎子を得ず
迷いこんだは三十路の館。
もう戻れないアナザーディメンション

まぁここは爆弾処理班隊長であるサラ使いにこの場は任せて・・・・


逃げた!
サラ使いが逃げた!!


彼女達の罵声に耐え切れず逃げた!

背を向けてからの9P+G!!

もう一人の男性プレイヤーも対戦拒否。隣の台へビール持ってそそくさそそくさ。。。。

残されたはSGGK(スーパーグレイト合コン影)の俺様だけである。

隣の芝はとても青い。
花の女子短大生を囲んで楽しそうだ。
逃げた二人も楽しんでいるご様子。

さて、ここからだ。

SGGKの名の元に、いかなる女性に対しても全力を尽くす。

それが俺の誇り


続く
[PR]
by kandata-kagemaru | 2005-07-31 10:07
第二話
女性人と合流。

マイスカウターは左から順に戦闘力を測定。
82、84、79、84、85・・・・・

「うむ・・・・・・モル○○ってとこか・・・・・・」


相手に不足は無い。
前頭三枚目のサラ使いも気合が入っている。

俺の内腿は今にもこむら返りを起こしそうなほどビンビン物語。


さて本日のバトルフィールドに入店。
そこにはボビーオロゴンの第二形態がいた(戦闘力35くらい)
ボビーは言いました。

「いらっしゃいませ」

ツヤツヤした肌は黒い宝石。
正直気持ち悪いわけだが、生まれつきだもんね。仕方ないよね。

アパルトヘイトの無い日本では我らは平等だ。
俺と君とは平等だ。
でもこの瞬間に限って私は客であり神である。

まぁいい
今はそれどころじゃないんだ。
おまえらはスエズ運河でシャコでも取ってろってこと。

黒人男性♂に気をとられているとペッティングの機会を逃すんだ。
コンパに集中集中。
しゅうちゅ・・・・



え!?、おま・・・・・ブリt




[PR]
by kandata-kagemaru | 2005-07-27 23:50
魔女狩りの季節
朝から姉の結婚式のため広島へと足を運んだ。
今まで世話になったんだ、素直に祝福しよう。

俺は夢にも思わなかった。
誰もが幸せな一日。
そんなOneDayの結末があんな形で終わることになるなんて・・・


披露宴が終わり俺は岡山へ帰った。
どっと一日の疲れがこみ上げる。
ふと時計を見上げると午後7時。

「え・・ちょ・ま・・・この早さなら!」

俺は階段を駆け下り居間でくつろぐ両親に対して声を荒げた。

「お・おれ・・・・花嫁探しに行って来る!」

5秒程の沈黙の後それぞれコクリと頷いた。
俺はこれでもかと親指を立てた。

~ラブマシーン~
ドゥルルルル・・・・鍵を回すと児島のマーチに今、生命の息吹が。
車庫内から照らすヘッドライトの光、静かに妖しく外を照らす。
ゆっくりその姿を現すモンスターマシン。
緊急車両のエキゾーストは児島を震わす。

今、虎に羽が生えた。


目的地は岡山中心部。
誘われてないコンパに飛び入り参加。
総勢15人以上だ。バレやしない。

待ち合わせのカニ道楽、到着して俺は目を疑った。
見たことあるヤシがいる!!

そう・・・確か彼はX線上のピアニスト
奏でる鎮魂歌は女性の洩声。
格闘家であり演奏家でもあるVF界のブリティッシュボーイ。

とんでもないヤツが来やがった。
フラグが勃った!!!フラグが勃った!!!

金争奪戦

負けられない勝負。
聞いているんだ噂は聞いている。

ミス桃が来る!

俺は手の平にかいた汗をジーパンになすりつけた。

鬼が出るか蛇が出るか・・・・
とりあえず俺たちは合流地までARMった。

そんな中、ブリティッシュボーイは常に足位置を気にしている。

「こやつ・・・出来る・・・」




[PR]
by kandata-kagemaru | 2005-07-24 12:56